尿失禁は治療ができる|改善法と治療法について知ろう

改善する方法はあります

病院

自分の意思に反して尿が漏れてしまうことを尿失禁といいます。尿失禁にはいくつかのタイプがあり、それによって対策も異なります。骨盤底筋を鍛えたり、漢方やサプリメントを飲むことで改善します。これらは継続することが大切なのです。

More Detail

尿漏れが起こる理由

man

高齢者に多い

自分で意図せず尿が漏れてしまうことで、日常生活に何かしらの支障をきたす状態のことを尿失禁と言います。高齢者に尿失禁が起こる場合、排尿の異常によって起こっていると考えられます。尿意をも感じた時に我慢できずに漏らしてしまうことを蓄尿障害と言います。蓄尿障害は膀胱機能の障害と尿道機能の障害の2種類があります。1回の排尿で出し切れずに、その後漏れてしまうことを排出障害と言います。こちらも膀胱の機能障害と尿道の機能障害の2種類があります。また、運動機能の低下や認知症などでうまく排尿ができないこともあります。これらは、中年以降や高齢者に多くみられるタイプになるため、高齢者の増加に伴い、発症者数は増加していくと考えられます。

若い女性にも見られる

尿失禁は高齢者に多く見られますが、20代や30代の若い世代の女性にも多く見られる症状です。その原因は妊娠と出産です。この場合に見られる尿失禁は腹圧性尿失禁と呼ばれ、成人女性の半数近くに起きていると言われています。腹圧性尿失禁は他の尿失禁とは異なり、排尿機能の障害によって起こるものではありません。骨盤底筋のゆるみが原因となって発生します。骨盤底筋は子宮や膀胱を支えている筋肉です。この筋肉にゆるみが生じるとこれらの臓器が下に落ち込み、膀胱や尿道を圧迫します。すると、咳やくしゃみ、重いものを持った時などのタイミングで瞬間的に腹圧が高まることによって尿が漏れてしまいます。骨盤底筋のゆるみは加齢によっても生じるため、腹圧性尿失禁は高齢者にも多く見られます。しかし、妊娠や出産を経験していれば若い女性にも起こる可能性が非常に高いので、注意しなければなりません。

年齢とともに起こ得る症状

笑顔の人

今後の高齢化社会は国に与える影響のみならず、高齢者個人の身体的な問題にも多くの影響が出てくるでしょう。尿失禁もその一つと言え対策は必要ですが、加齢が原因とは言っても様々な症状があると言えますので、注意する必要があるかもしれません。

More Detail

高齢者の尿トラブル

カウンセリング

急に尿意をもよおして失禁してしまう切迫性尿失禁は、泌尿器科で治療することができる。泌尿器科の病院では、骨盤底筋体操や電気刺激療法などで、切迫性尿失禁の治療を行なっている。電気刺激療法は即効性が得られるため、尿トラブルに悩んでいる人の間で人気が高まっている。

More Detail